« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月26日 (火)

大晦日もウルトラ兄弟!

大晦日に放送される第57回NHK紅白歌合戦。

我らがウルトラ兄弟応援ゲストとして登場するようです。

第57回紅白歌合戦ニュース

ウルトラマン誕生40周年であること。

40周年記念映画「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」が公開され、ヒットしたこと。

その主題歌を歌った、氷川きよしさんが出場されること。

・・・などが理由でしょうか。

メビウスの本放送は来年までおあずけですが、

大晦日は紅白歌合戦でウルトラ兄弟を楽しみましょう!

↓大晦日もウルトラ兄弟!
にほんブログ村 その他趣味ブログ 特撮へ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月24日 (日)

ウルトラマンメビウス第37話「父の背中」

ウルトラの父、光臨祭。

雰囲気としてはクリスマス。

かつてサンタクロースの姿で地球に現れたことを、

うすうす気づいて(笑)いたってことでしょうか。

残念ながら今回、南夕子さんまでは現れませんでした。

↓メビウスがピンチだ!でも助けに来てくれたのは・・・
にほんブログ村 その他趣味ブログ 特撮へ

+++++

お話は子供(コウキ)と出かける約束を、仕事でやぶったお父さんと、

「お父さんのうそつき」とつぶやいて困らせる子供のシーンから始まります。

「お母さんはいないの?」

というのが我が家の子供たちの指摘。

画面から判断する限り、お母さんの存在は感じられませんでした。

そして気を紛らわせるためにコウキはレースゲーム

(なんともレトロな感じの)をやりますが、上の空。

そして泣き出してしまいます。

この子供が泣くシーンは素直にかわいそうだと思いました。

父とも母とも一緒にいられない子供一人きりのクリスマスを想像して。

コウキは一人で「ウルトラの父光臨祭」に来て、ミライに出会います。

ミライはウルトラマンならではの地獄耳で

「お父さんのうそつき」というコウキをつぶやきを聞いて、

話しかけますが、コウキは「放っておいて」とつれない。

でも怪獣ジャシュラインが現れ、人々が逃げ惑い、コウキが足をくじいて

捻挫してしまってから、急にコウキは超ものわかりのいい子供に。

ミライは子供を置き去りにしてメビウスに変身するわけにもいかず、

コウキをおんぶしようとしますが、コウキは

「自分のことはいいから、GUYSのお仕事して。」

この子、ミライがメビウスって知ってるの?といううちのカミさん。

一方、怪獣が現れてコウキを必死にさがすお父さん。

コウキに駆け寄り、おんぶすると

「わがままいってごめんなさい」

と謝ります。これにはお父さんもびっくり。

メビウスはジャシュラインに金の像に変えられてしまいますが、

カラータイマーだけは金にならず。

それを破壊しようとしていたジャシュラインの前に現れたのがウルトラの父。

テッペイのリアクションは「タロウ」「レオ」の時と

ほとんど変わりませんでしたが、面白いのがミサキ女史とサコミズ隊長。

Cap124 ミサキ女史は

「やっぱりいらしたのね。来ると思ったわ。」

くらいの表情。






Cap123 一方、サコミズ隊長は、

「おいおい、大隊長来ちゃったよ。マジか!?」

みたいな表情。

何だか喜んでいるというより、複雑な顔してます。

父の力で金の像に変えられていたメビウスも復活。

再び攻撃しようとするジャシュラインに、伝家の宝刀ウルトラアレイ炸裂。

ジャシュライン真っ黒に。

やつに髪の毛が生えていたら、きっと爆発アフロになっていたでしょう。

地下にもぐって地球を破壊しようとするジャシュラインを

今度はメビウスがメビュームバーストでとどめ。

後ろで見守り、うなずくウルトラの父。

今回は困った息子が5人もいなかったので、

ウルトラの父もエネルギー切れにならずに済んだようです。

夕陽の中たたずむウルトラの父とメビウス。

その会話は聞こえてないと思いますが、歓喜する人々。

今回はケータイで写真撮ってる人はいなかったかな?

父が去り、余韻をひきずったまま物語は終わりました。

>↓あきらめない限り、敗北じゃない。ウルトラの父、ありがとう。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 特撮へ

+++++

父の背中。

コウキ親子はまさに父の仕事する背中を見、

そして父の大きな背中におんぶされるコウキ。

何かを感じたわけですね。

メビウスは金にされていたので、父の戦う姿は見てなかったですが。

逆にメビウスの戦う姿を後ろから見ていたのがウルトラの父。

子供の成長を見守る親、というイメージですね。

しかしこのお話がメビウスではなくてウルトラマンタロウだったら、

本当にタロウが父におんぶされていたかも。

>↓今年のウルトラマンメビウスはこれで終わりです。来年も見よう!
にほんブログ村 その他趣味ブログ 特撮へ

| | コメント (2) | トラックバック (15)

2006年12月23日 (土)

セブンのサンタクロース

Sevensanta

やぁ、みなさん。
ウルトラセブンです。

地球の冬は寒いですね。
自分は寒いのが苦手なので、参ります。
ついつい厚着しちゃいます。

明日から子供たちは冬休み。
そしてクリスマスですね。

自分もサンタ帽をかぶってみましたが、アイスラッガーが邪魔で
なんだかうまくかぶれていませんね。

明日はウルトラの父もメビウスのところに来るようですし。
自分もこの格好で、子供たちにクリスマスプレゼントを配ってきます。

それじゃあクリスマスに会いましょう。
デュワッ!!

↓明けの明星が輝く頃、ひとつの光が宇宙へ飛んでいく。それが僕なんだよ。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 特撮へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月22日 (金)

たまには絵でも・・・アンヌ隊員(カラー)

たまには絵でもシリーズも、なかなか時間がとれなくて

新しいのが描けないのですが、以前アップしたアンヌ隊員に

軽く色をつけてみました。

Annec

メビウスの撮影も終わってしまったのに、

まだマリナ隊員もコノミちゃんも描いてませんし。

時間が欲しいです~。

↓ぐらんどばんに励ましのお便りを~。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 特撮へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月21日 (木)

「ウルトラバトン☆しょの3」byぐらんどばん

doudeshiyouさんからご指名を受けまして、

「ウルトラバトン☆しょの3」というのをやってみまーす。

(自分は初めてですが・・・)

①ウルトラ怪獣の中☆でペットにしたい怪獣は?

ぺ、ペットですか!?
そんな淫靡な・・・(/ω\)。<-カンチガイ?

ピット星人がいいな~。
キレイな女性に化けてくれますしー。(そこか!)
あ、できればウルトラマンマックス版のピット星人お願いします。
お姉さまに蹴られてぇ・・・( -_-)=○()゜O゜)

え?宇宙人はダメですか?
そうか、それじゃ・・・ユニタングです!
超獣は10人の女!(またそこか!)
もう超獣にならなくていいから女性のままで
・・・ってそればっかりです・・・ノ(´д`) ヘヘヘ

②ちゃぶ台が似合う星人といえば?

当然メトロン星人あたりが一般的でしょうけど、
そうは問屋が卸しませんぜ!!(なんでだ!?)

個人的には「ウルトラの父」が意外に似合いそう。
新聞読んで座ってる父の姿を想像してみる。。。

でもウルトラファミリーを除外して考えるとなると
・・・うーん・・・

あ!
ハゲ頭がケツを思わせる、

宇宙の帝王「バド星人」。ψ(`∇´)ψ
ヤツならおやじっぽくて似合いそうです!!

③夕陽が一番似合うウルトラヒーローは?

これはねぇ・・・
帰ってきたウルトラマン以外を指名するのが難しい。
てか、エンディングが夕方多いですよね?
MATの制服からして夕方っぽいし。

やっぱり帰ってきたウルトラマンで。
次点はウルトラマンレオかな。

④同じく夕陽が似合う怪獣&星人は?

これも帰ってきたウルトラマンから、
「ナックル星人&ブラックキング」。

「グドン&ツインテール」もいいな。

⑤シリーズの中で一番メインタイトルが好きなのは?

これは難しいんですが、ウルトラセブン。
ポインター、ウルトラホーク一号、小さくなった3号など
あの影が子供の頃から大好きだったんですよねぇ。
ホルンの響きもジーンとくるんですよ。

ただ子供の頃家にあった学習雑誌の付録のソノシートで
帰ってきたウルトラマンのがあったので、
そっちも好きなんですよねぇ。
まあでも、一番はセブンかな。

⑥シリーズ中、倒されて(もしくは死んで)悲しく感じた星人は?

星人じゃないかもしれませんが、
「ジャミラ」とか「ギエロン星獣」とか。
本当は人間が悪いのにその異質さゆえに
倒されてしまうという悲しい怪獣は
けっこういますね。

でも別の意味で悲しいのは

ウルトラマン登場前に死んでいった

「ザザーン」が悲しいですね~。(T∇T)

でも質問は星人ですよね~。
うーん。。。
「ノンマルト」
これも星人じゃないかな?
まぁ、この辺でご勘弁。

⑦セブン12話「遊星より愛をこめて」をどう思うか?

これは最近YouTubeで流されて、自分もそれで
初めてみることができました。

当時の桜井浩子さんとひし美ゆり子さんの競演というのが
クオリティの高い画像で見ることができなくて残念です。

あとはめずらしく私服姿で登場するウルトラ警備隊員たちが
見所ですかね。

お話的には「人間牧場」に近いものがあるので、
それほどインパクトはなかったんですが。
ただひし美さんがブログで言われているように、
封印を解いて欲しいですね。
人間だって永久追放された人が名誉を回復しているのですから。

⑧今後、発売して欲しいウルトラ玩具は?

なりきりマスク「ウルトラマンメビウス」。
これって玩具・・・かな?
この前渋谷PARCOでウルトラセブンのなりきりマスクを
買ってきたんですよ。
いやー、意外に良い出来でした。
たしかに不良コピーしたような造詣の甘さ、汚さはあるんですが
それでもこの価格(3600円くらい)で買えるなら十分です。
できればエースとかレオとかマックスとか
もっとバリエーションが欲しいです。

⑨もうすでに全ての撮影を終えた「メビウス」
それでも自分が登場してもらいたい怪獣は?

メジャーどころはマックス、メビウスで結構出ましたよね。
ブラックキングとかエースキラーとかシーゴラス、シーモンス。

強そうなのも残っていますけどね・・・うーん。
メビウスが過去のシリーズの後日談ばかりになっちゃうので
オリジナルでメビウスのライバルというべき怪獣が見たいな。

⑩メビウスを今までのウルトラで例えると?

初登場のころは初代ウルトラマンっぽかったんですよね。
ところがメビウスの弱さというか、
戦いでかなりピンチに陥ることが多かったりするのは
第2期ウルトラシリーズの感じですね。
末っ子っぽい甘さはタロウに通じますし。

⑪ウルトラの音楽といえば?

ここは作曲家でなくても良いですか?
そうでないなら「みすず少年少女合唱団」でしたっけ。
子供が歌に参加するのがウルトラっぽく感じます。
最近のヒーローモノは英語だったり、
歌謡曲?の歌手だったりしてあまり好きじゃないです。

⑫もしメビウス以降シリーズが製作されるなら、
音楽を担当してもらいたい作曲家は?

作曲家にあまりくわしいわけではないのですが、
ウルトラシリーズにはクラシック音楽が似合いますよね。
そう考えるとすぎやまこういちさんとかいいのかな。
何といっても帰ってきたウルトラマン作曲ですしね。
渡辺宙明さんとかにすると宇宙刑事みたくなっちゃうかな?

⑬シリーズ中の挿入歌で印象的なのは?

印象的なのは「怪獣音頭」かな(笑)。
挿入歌に使われたか不明ですけど。
「がばっ!と出てきた怪獣は~♪」
「どひゃっ!と出てきた怪獣は~♪」
この歌は一体誰に向けて作られたのか不明なところが
なんともすごい。

⑭もし新シリーズが製作されるならどのような
エピソードを期待しますか?

やはり南夕子・・・さんは、とりあえずおいといて(笑)。

マックスのときにちょっと思ったのですが、
「人類が地球を汚している」
という話がやたら多かったので、それ以外の現実問題を扱った
エピソードがいいですね。
例えば「拉致問題」「教育いじめ問題」「少子高齢化問題」
みたいなネタをウルトラならではのSFにからめて
社会へのメッセージになるような話を作って欲しいです。

⑮ウルトラにヤプール、スフィアといった、悪のレギュラーは必要か?

個人的にはあまり必要とは思いません。
元々ウルトラQの延長上で、自然界のバランスが崩れて
出現したのが怪獣・・・という感じでしたし、
怪獣は「絶対悪」じゃなかったですよね。
できれば「空想」「SF」といったものが見たいです。
悪を倒すことばかり考えると東映ヒーローと大差なくなりますし。

⑯もしシリーズの(怪獣デザインや脚本で)コンテスト
募集がアナウンスされたら応募するか?

応募はしたいですが、現実には時間がなくて難しいかも。
怪獣の名前付けるくらいならできるかな?

⑰もし万が一、シリーズに(エキストラ以外で!)
出れるなら、どんな役柄がいいですか?

怪獣や宇宙人に襲われた一般人で、
防衛チームのヒロインに「しっかりして!(はーと)」
と胸に抱かれながら死ぬ役がいいかな(笑)。
ヒロインと同じ画面に映りたいっす。

⑱「メビウス」でヤプールが再登場してほしいか?

詳しいことは知りませんが、再登場しそうですよね。
巨大ヤプール、結局戦っていませんし。

⑲⑱で「はい」と答えた方は復活したなら
どの超獣に登場してもらいたい?

エースキラー&バラバでしょうか。

⑳もし「メビウス」終了後、新シリーズがスタートしたら
どうようなシリーズにしてもらいたいですか?

ウルトラ兄弟のその後は描かれたので、
それ以外のその後。
かつての防衛チームにいた隊員たちの再登場とか
南夕子さんのエース復帰とか、
ウルトラファンの夢をかなえるようなシリーズが見たいです。

+++++

うっはー。。。
書くのにまる2日かかりましたよ。
疲れましたぁ。

こんな感じでーす、doudeshiyouさん。

読んでいただいたみなさんも、何か感じていただけたでしょうか?

ではではー。

↓ここまで読んでくれてありがとう!よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 特撮へ

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006年12月18日 (月)

ウルトラマンメビウス、撮影オールアップ!

※リュウ隊員=仁科克基さんのブログ追加しました。

※ミライ隊員=五十嵐隼士さんのブログ追加しました。

放映中のウルトラマンメビウスの撮影が、オールクランクアップ。

ついに終わってしまいました。

テレビでの放送は来年3月まで続きますが、

撮影終了と聞くと、

もう新しいメビウスは作られないんだと聞くと、

寂しい思いでいっぱいです。

キャストのみなさんのブログでも、撮影終了の記事がアップ

されてますので、ぜひご覧になってみてください。

アマガイコノミ隊員(平田弥里さん)のブログ(2006/12/15 の記事)

カザママリナ隊員(斉川あいさん)のブログ(2006/12/15 感動たびた。の記事)

イカルガジョージ隊員(渡辺大輔さん)のブログ(2006/12/15の記事)

ビビノミライ隊員(五十嵐隼士さん)のブログ(2006/12/19の記事)

アイハラリュウ隊員(仁科克基 )さんのブログ(2006/12/20の記事)

来年3月まで放送は続きます。

イベントもまだまだあると思いますので、

メビウスファンのみなさん、最後まで応援していきましょう。

↓ウルトラマンメビウスはまだ終わらないぞ!
にほんブログ村 その他趣味ブログ 特撮へ

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2006年12月17日 (日)

ウルトラマンメビウス第36話「ミライの妹」

あらすじに関しては公式HPをご覧ください。

ミライの妹と名乗った少女は宇宙人サイコキノ星人でした。

サイコキノ星人は母星を失いさまよい続ける宇宙人。

その能力を使った行動はいたずら、というよりも侵略に近い。

しかし同じ宇宙人同士ということでミライが彼女を説得します。

ミライが言うには「妹」と名乗られたことが嬉しかったと。

しかしサイコキノ星人は宇宙警備隊員が「兄弟」というのを

大事にしていることを逆手に取っていたのです。

裏切られたことに落胆し、彼女を問い詰めますが、

それでもミライもGUYSも、彼女本人を攻撃したり、

拘束したりすることはありませんでした。

(事情を良く知らないトリピー、マルは除く)

彼女がわかってくれると最後までミライは信じていました。

前回の予告でサコミズ隊長が言っていた

「やさしさを失わないでくれ。・・・たとえ何百回裏切られようと・・・」

のセリフは最後に出てきました。

ウルトラマンエースが地球を去るときに残したこの言葉。

ウルトラマンらしい、神様のようなメッセージですね。

↓ジョージの節操のなさ?に乾杯!
にほんブログ村 その他趣味ブログ 特撮へ

+++++

今回の話で思い出した話がいくつかあります。

ひとつはウルトラセブン「盗まれたウルトラアイ」に登場するマゼラン星人マヤ。

マヤの場合は母星から地球破壊指令をうけて訪れた、まさに侵略者ですが

彼女はその母星に裏切られ地球に置き去り。

それを同じ宇宙人であるモロボシダンとの会話で知るのですが、

マヤは(おそらく)ショックをうけ、自決。

ダンは「同じ宇宙人同士、どうしてこの地球で生きようとしなかったんだ」

と悔やみます。

今回のカコ(ミライの妹ということでGUYSメンバーが勝手につけた名前)の場合、

地球侵略(というか迷惑)をするのは自分や仲間の意思。

それを宇宙警備隊のメビウスにやめるよう諭されるのが、何か共通しています。

ウルトラセブン=モロボシダンが少女に弱い、とういのは本編中で何度も

描写されていましたが、メビウスもその血を受け継いでいるのかな?

マゼラン星人マヤは死んでしまいましたが、

サイコキノ星人カコはミライの言葉を受けて自分たちにできることが

他にあるんじゃないかと仲間たちに意見をいうまでになります。

メビウスらしい、希望を抱かせる終わり方と言えますね。

↓悲しみを背負う戦士セブン。希望の勇者メビウス、ですね。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 特撮へ

+++++

この後はちょっといじわるな見方をしてみました。

もうひとつ思い出した話は、先日続編が放送された「怪獣使いと少年」。

こちらは侵略目的でもないにもかかわらず、

宇宙人ということで迫害を受け、殺害されてしまったメイツ星人。

メイツ星人があのような怪しい老人のような姿ではなく、

もし今回のような少女の姿でも、同じ運命だったでしょうか?

メビウスにおける続編「怪獣使いの遺産」でのメイツ星人ビオは、

GUYS隊員のリュウに狙撃されました。

ビオも父親を殺された恨みを持っていたとはいえ、

最初は地球の調査や友好を目的としていたのに・・・です。

しかしそんなことは誰も信じなかった。

サイコキノ星人カコが信じてもらえたのとは対照的です。

しかも彼女はミライの思いを踏みにじったにもかかわらず。

やはり外見というのは大事なんです。

地球を侵略するなら少女の姿に限ります・・・ね。

↓次回はクリスマスといえば!のウルトラの父が登場ですね。夕子さんも出ないかなー。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 特撮へ

| | コメント (4) | トラックバック (15)

2006年12月15日 (金)

レポート「オブジェクツ・サブジェクツ イマジネーション オブ ウルトラ」 in 渋谷PARCO3

_4 前回ご紹介した渋谷PARCO3、7階で開催されている

「オブジェクツ・サブジェクツ イマジネーション オブ ウルトラ」

に行ってきました。

以下、ネタバレを含みますので、これから行こうと思う方ご注意を。

↓アートなウルトラを見に行こう!
にほんブログ村 その他趣味ブログ 特撮へ

+++++

7階に上がると最初に目に飛び込んできたのが、ウルトラグッズショップ。

「こちらからは入場できません」

と書いてありました。

買い物は後回しにして、とにかく入場しなければ。

先へ進もうとすると、右手に2分の1サイズくらいのバルタン星人。

Photo_8

反射的にケータイで写真を撮ってしまったのですが、

先ほどのお店から店員さんが飛んできて、

「撮影禁止です!」

だって。

あやまりつつ、先へ進みました。

おかげでバルタン、よく見られませんでした。

受付があり、大人500円。

ここでも「場内は撮影禁止です」と注意を受けます。

入り口がどこかわからなくて、あやうくエレベータに乗ろうとしちゃいました。

受付も店員も知らん振りでちょっと冷たい応対でした。

中に入ると、ウルトラQ,ウルトラマンで撮影に使われた道具が展示されてました。

隊員服や怪獣の頭、カメの甲羅、巨大なカメラの模型など。

そしてそれらをアートっぽく写真撮影したパネルが飾られていました。

そう。東京ドームの野球博物館みたいな感じです。

それらは時代を感じさせ、ボロボロなものがほとんど。

予算の関係などで怪獣の着ぐるみなども使いまわされたり、

怪獣ショーなどで余命を終えたりして、ほとんど残ってないでしょう。

これだけでも今までよく残っていたな、というのが正直な感想です。

展示スペースは小ぢんまりとしていて、あっという間に見終わり、

「さてウルトラグッズでも買いに行こう」と思ったら、

何もない空間が目に留まりました。

中にはベンチが置いてあり、よくみると上映スケジュールが書いてあります。

1日に4回。それぞれ違ったプログラムを上映するようです。

あと5分ほどで4回目の上映プログラムが始まるところ。

さっそくベンチに腰掛け、見ることにしました。

内容はウルトラマンの総集編的なもの。

元科学特捜隊の4人(ハヤタ、イデ、アラシ、フジ)が、

亡きムラマツキャップの家に集まって、昔話をするというもの。

ハヤタはウルトラマンだったときの記憶がないみたいです。

ハヤタ以外のみんなは、

「ハヤタがウルトラマンじゃないかと思ってた」

みたいですね。

そして最後、ウルトラマンとハヤタが久々の再開を果たすのですが、

ここでウルトラマンが意味深なことを言います。

ウルトラマン「地球にまた危機が迫っている」

ハヤタ    「私にまた戦えというのか?」

ウルトラマン「君の手で若い後継者を見つけて欲しい」

ウルトラマンはハヤタと別れ、

新たに若い地球人と一心同体になるつもりみたいです。

これは今後のウルトラシリーズで語られるのか?

ウルトラマンは新たな1歩を踏み出そうとしているようです。

↓ウルトラマン=ハヤタでなくなるのか!?
にほんブログ村 その他趣味ブログ 特撮へ

+++++

上映は82分間にも及びました。

ベンチで腰掛けてみるにはちょっと長いかな。

しかも自分、会社の出張帰りです。電車なくなっちゃいます(汗)。

そのあとはお店で買い物をしました。

買ったのは下のようなもの。

左から瓦せんべい、ヘルメット型キーホルダー(限定)、ウルトラセブンマスク。

_3 Katoku_genntei B0286c_1_1

それと写真はありませんが、

瓦せんべいの包装と同じ絵柄のクリアファイルを買いました。

いいお土産が買えた、と喜びながらミュージアムを後にしました。

↓ウルトラグッズはちと高い。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 特撮へ

+++++

場内は明るくて見やすいのですが、逆に暗くしてスポット照明などで

見せたほうが、ウルトラらしくてよかったような気がします。

上映プログラム、残り3つも気になりますね。

見に行きたいけど、群馬からではそうそういけないのが残念です。

まだ見ていない方。

あの時代の断片を見ることができますよ。

ぜひどうぞ。

↓昭和のウルトラを感じてください。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 特撮へ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月 8日 (金)

オブジェクツ・サブジェクツ イマジネーション オブ ウルトラ

ウルトラマンマックスのコイシカワミズキ隊員、

長谷部瞳ちゃんのブログ12月7日の記事「ウルトラマンミュージアム」

からの情報です。

Ultra_object

PARCO MUSEUM パルコミュージアム 渋谷パルコ パート3 / 7F にて、

「オブジェクツ・サブジェクツ イマジネーション オブ ウルトラ」

というアート写真展が開催されています。

入場料は一般500円・学生400円・小学生以下無料。

オリジナル限定商品の販売もあるみたいですよ。

期間は今月末まで。

詳しくはこちら

↓アートなウルトラを見に行こう!
にほんブログ村 その他趣味ブログ 特撮へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 7日 (木)

メンテナンス終了

ココログの長い、長いメンテナンスが終わりました。

ご訪問していただき、コメント、トラバ等に失敗されたみなさま、

ご迷惑をおかけしました。m(_ _)m ゴメンナサイ

5日~7日まで都合3日間、記事もかけなければ、

コメントもトラックバックも何も受け付けられず。

本当に勘弁して欲しいです~。

>↓エリーだって怒っちゃうよね?ぷんすか!(抱いてるのはブースカ・・・はうっ!)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 特撮へ

いくらなんでもメンテ長すぎです。

しかも機能変更に失敗したらしく、元に戻したらしいです。

何のための3日間だったの・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 3日 (日)

ウルトラマンメビウス第35話「群青の光と影」

↓青いウルトラマンが2人!?どうなっているんだ?
にほんブログ村 その他趣味ブログ 特撮へ

(あらすじ)

地球にツルギが出現。街を破壊し始めた。

その様子が信じられないGUYS、そしてミライはメビウスに変身して

ツルギに問いかける。

ツルギのナイトブレスを見て、偽者だと確信するミライ。

しかしマスコミや世間はツルギを侵略者だとして恐れ、非難する。

地球に降り立ったウルトラマンヒカリ。

ツルギはババルウ星人が化けた偽者だった。

ババルウ星人を追うが逃げられ、ヒカリはセリザワの姿になって

リュウたちの前に姿を現す。

セリザワの姿を見て驚くトリヤマ補佐官、マル秘書。

セリザワは自分こそ青いウルトラマン、ヒカリだと告げる。

トリヤマ補佐官はセリザワを拘束するよう指示、

GUYS総本部もセリザワを留置する判断を下した。

ミライはセリザワを釈放するよう説得するが、それは叶わなかった。

テレパシーでヒカリに話しかけるメビウス。

しかし、ヒカリは自分の意思ではここから脱出はしないと告げる。

青いウルトラマンとして人々の信頼を得るためだと。

街に再びツルギ出現。破壊を開始した。

しかしこれがセリザワが無実だという証明となり、セリザワは釈放。

セリザワはリュウとともにガンフェニックスで出撃した。

リュウは尊敬するセリザワとともに戦える喜びを話すが、

セリザワは今は自分はウルトラマンでもあるのだ、と言う。

セリザワ、ウルトラマンヒカリに変身。ニセツルギに戦いを挑む。

ヒカリのブレードショットを受けて、ついにニセツルギの正体、

ババルウ星人が姿を現した。

ヒカリの援護のため、メビウスに変身しようとするミライだが、

ヒカリはそれを制止。

新たなるアーブギアを装着し、ツルギに姿を変えた。

それは以前のような怒りや恨みの感情ではなく、清らかな心が宿った鎧であった。

新たなるツルギにババルウ星人の攻撃は聞かなかった。

ナイトシュートでババルウ星人を撃破。

ウルトラマンヒカリは、地球に迫り来る危機を調査するため、

再び地球を去ることになった。

いつの日か、再び帰ってくることを誓って。

↓来週もメビウスが活躍します。お楽しみに。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 特撮へ

+++++

(感想)

第35話を見る前に、うちの子供たちと予習をしました。

まず、ウルトラマンレオ38話、39話で「レオ兄弟対ウルトラ兄弟」を!

・・・と行きたいところでしたが、その前に子供たちは

ウルトラマンレオでセブンがMACの隊長をやっていることを知らない。

セブンが変身できなくなったことも知らない。

そこでウルトラマンレオ1話からまず見ました。

それから38話,39話。

「ウルトラマンレオ38話~39話」

ババルウ星人がレオの弟、アストラに化けて、

ウルトラの星からウルトラキーを盗み出し、ウルトラの星と地球が衝突する危機と

なった話を見せました。

ニセアストラはウルトラマンキングによって正体を見破られ、

レオは本物のアストラを救出。

間一髪、レオ兄弟の活躍でウルトラキーをウルトラの星に届け、

ババルウ星人を撃破。

レオ兄弟はウルトラ兄弟に迎えられたのでした。

それからフレッツで配信されている、「ヒカリサーガ第3章」を見ました。

「ヒカリサーガ第3章」

ヒカリはウルトラの父、母、ゾフィーに頼んで、地球に行く許しを得ました。

その途中、メビウスからのウルトラサインで惑星アーブに呼び出されます。

惑星アーブで待っていたメビウスはヒカリを襲ってきました。

それはババルウ星人が化けたニセモノでした。

ババルウ星人はツルギにも姿を変えました。

迎え撃つヒカリでしたが、ババルウの冷凍ガスで氷漬けにされてしまいまいた。

それを救ったのは惑星アーブの民。

アーブの民により、ヒカリは新たなるアーブギアを装着。

ババルウを圧倒しはじめるヒカリ=ツルギでしたが、

ババルウは姿を消しました。

地球に向かったのです。ヒカリはそれを追いました。

これで第35話を見る準備が整いました。

↓ババルウ星人は昔も今も卑怯なやつだ。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 特撮へ

+++++

いやぁ、時間かかった。

「コメットさん」にレオがゲスト出演する話とか見ていたから、

余計に時間かかった(笑)。

ババルウ星人は、レオのときはウルトラ兄弟とレオ兄弟との間の

信頼関係にひびを入れましたが、

今回は人間とウルトラマンとの間にひびを入れました。

ニセウルトラマンというとザラブ星人やニセウルトラセブンなどありましたが、

主役でないウルトラマンに化けるのがババルウのやり口ですかね。

ヒカリが鎧アーブギアをまとった後は、戦いは一方的。

ババルウの攻撃はツルギの鎧にことごとく跳ね返され、まったく通じません。

ツルギって・・・アーブギアってこんなに強かったんだねぇ。

聖なる鎧に変わったから?

ボガールと戦っていたころはあまり鎧っぽくなかったけど、

今回は相手の攻撃をはじいてましたね。

↓新しいツルギはとても強い。アーブの民がついているんだ。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 特撮へ

+++++

今回メビウスはナイトブレスをヒカリに返しました。

これでメビウスはメビウスブレイブには変身できなくなってしまいました。

せっかくヒカリが「来るべき戦いのために」ってくれたのに。

何だか「もうバーニングブレイブに変身できるから、いーらない。」

って言ってるようでちょっと悲しかったな。

ヒカリも悲しそうな顔してた(気がする)。

メビウスにとっては武器屋に「はがねのつるぎ」を売り払ったような気分か?

もう「ほのおのつるぎ」持ってるからいらねーよみたいな。

まぁあれを返さないと、セリザワがどうやってヒカリに変身するか

困ってしまうんでしょうけど・・・。

↓セリザワはヘルメットをかぶらないで出撃したのはなぜだろう?
にほんブログ村 その他趣味ブログ 特撮へ

+++++

今回はメビウスはすっかり脇役。

何だか「ヒカリサーガ」みてるんじゃないか?と思うくらいヒカリが主役。

最後も変身しませんでした。

しかしあれほど「地球に行かせてください!」って

ウルトラの父に直談判していたヒカリなのに、ババルウ星人倒しただけで

また地球からいなくなっちゃうんですね。

↓一体、地球を狙ってくるやつはどこにいるんだ。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 特撮へ

+++++

さて来週は「やさしさを失わないでくれ。たとえ何百回裏切られても。」

そうウルトラマンA最終回のエースが残した言葉をサコミズ隊長が言ってます。

ミライの妹登場?

妹といえば「月の妹 南夕子」。

南夕子が出ないかなぁ。もう、そーしたら祭りです、祭り!!

↓何も知らないからっておかしなことを教えちゃいけないよ。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 特撮へ

| | コメント (0) | トラックバック (19)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »