« ウルトラマンメビウス第19話「孤高のスタンドプレイヤー」 | トップページ | ウルトラマンメビウス第20話「総監の伝言」 »

2006年8月17日 (木)

ウルトラマン~ファイティングエボリューション0~プレイ雑記(9)600ポイント

(9)600ポイント

ストーリーモードやバトルモードで貰うポイントは、600ポイントまで貯められるようです。

では600ポイント溜まった後はどうなるのか!?

試してみました。

まずウルトラ超辞典を完成させます。

最初は「ウルトラ超辞典50」ですが、50個すべてオープンすると、

10個増えて「ウルトラ超辞典60」に変化します。

ウルトラ超辞典60もすべてオープンし、さらに600ポイント貯めました。

20060817_0618








結果は・・・

ドキドキ・・・

なんと!

何もありませんでした。

しかもこれ以降、いくらポイントを稼いでも反映されません。

600ポイント以上にはならず。

しかもこの600ポイントは使い道がないようです。

ホントでしょうか?

何かないのかなぁ。

何か。

↓600ポイントのその先へ。。。
にほんブログ村 テレビブログへ

|

« ウルトラマンメビウス第19話「孤高のスタンドプレイヤー」 | トップページ | ウルトラマンメビウス第20話「総監の伝言」 »

音楽・ゲーム」カテゴリの記事

コメント

自分も図鑑を全部空けた後に600ポイントためたらどうなるのかとドキドキしていたのですが、何もないとは・・・・。ある程度予測はついていましたがやはりちょっとさみしかったです。そういえば、ほかのファイティングエボリュション(以下FE)シリーズはプレイしたことがないと聞きましたが、自分的にはFE2、3、REBIRTHの中では3がオススメです。登場キャラ、ストーリー、必殺技のすべてが豊富にそろっており、原作の再現度は非常に高いです。2を買うならこっちを買うべきです(自分が中古で買った3は、2が半額以下、REBIRTHが2000円引きぐらいの価格であったのに、2年前の発売にもかかわらず新品とほとんど同じ価格でした)。REBIRTHは、原作以上に派手なエフェクトの必殺技、3よりシャープな動きのキャラクター、オリジナル怪獣、完全オリジナルのストーリーなどがウリです。しかし、3より全体的に難易度が高いこと、キャラクターが少ないこと(ウルトラ戦士はマン、セブン、タロウ、ティガ、ガイア、アグル、コスモスのみ)などから、人によって評価はさまざまです。もちろん慣れればその世界観を充分に堪能することができます。自分の印象としては、原作の世界観を楽しむなら3、格闘ゲーム的側面を重視するならREBIRTH、という感じです。これだけではわかりにくいと思うので、バンプレストのホームページにある3とREBIRTHのサイトを見てみることをすすめます。

投稿: 今年で二十歳。 | 2006年9月22日 (金) 17時13分

そうなんです、ウルトラゲームは初めてで。
これもメビウスのめぐり合わせかと。
というのもキーのコンボを覚えるのが大変で、格闘ゲームとかをあまりやったことがないので、ウルトラマンも躊躇してたんですよねぇ。

えーと3はPS2でしたっけ?
最近PS2も子供部屋のDVD再生機と化してるので、やってみたいですねぇ。
情報提供ありがとうございました。

投稿: ぐらんどばん | 2006年9月29日 (金) 20時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101570/11480764

この記事へのトラックバック一覧です: ウルトラマン~ファイティングエボリューション0~プレイ雑記(9)600ポイント:

« ウルトラマンメビウス第19話「孤高のスタンドプレイヤー」 | トップページ | ウルトラマンメビウス第20話「総監の伝言」 »